上海のレストランVol.1 圓苑(円苑)

 早いものでもう3月も終わりです。ブログを始めて1ヶ月近く経ちますが、まだまだ解らないことだらけでマニュアルを読みながらやってます。RSSとか、トラックバックとか知らない単語も目白押しで、ブログの基礎?から勉強中です。

 今回は、2005年に上海を訪れた時に行ったレストラン「圓苑」を紹介します。このレストランは、上海の雑貨ショップ「麗飾」で買い物をした時、オーナーのLeeさんに近くのレストランを聞いて薦められたところです。Leeさん自身行ったことがないけど有名だからどうかとのこと。確かに日本のガイドブックにも載っていて、わたしも名前だけは知っているお店でした。でも、Leeさん自身行ったことがないという話だったので、おいしいのか不安だったのですが、他に行く当てもなくて探しまわるのも嫌だったので、取りあえず行ってみることにしました。

 お勧め料理は「紅焼肉」と李さんから聞いていたので、早速注文。また、隣のテーブルで茶色い「炒飯」を食べていたのがおいしそうだったので、注文してみました。そのほか青島ビール、そのつまみに「皮蛋(ピータン)」を注文しました。

Pa280007h_300_3
左が「皮蛋(ピータン)」、右が茶色い「炒飯」です。

Pa280009_300_1
オススメの「紅焼肉」です。白のお皿がとってもおしゃれ~。

 「紅焼肉」は、おいしいことはおいしかったのですが、ちょっと肉にぱさぱさ感があったような。また、量を食べていくとちょっとくどいかなという感じがしました。わたし個人的には、「炒飯」が食べやすかったです。

 また、店内はモダンでおしゃれできれいです!テーブルウェアもインテリアもセンスがいいし、今では上海もこんなおしゃれなレストランも多くなったのかもしれませんが、10年以上前の上海を知るわたしとしては、驚きでもありちょっと寂しいような感じでした。

Pa280011h_300_4
2005年の写真なので、変化の早い上海では内装が変わっているかもしれません。

「圓苑」 上海市興国路201路 電話6433-9123
わたしが行ったのは地下鉄衡山路駅近くの本店です。他に「梅龍鎮広場店」「浦東店」「宛平店」もあるそうです。

 お値段は2005年当時、「紅焼肉」「炒飯」「皮蛋(ピータン)」のお料理3品、青島ビールの計4品で合計162元(日本円で\2,500くらい)でした。